ムダ毛の自己処理をしている人必見!ここを気を付けばなければ後悔します。

剃るときは前後のケアを忘れずにする

毛を剃るといえば男性のひげが思い浮かぶかもしれません。女性の顔にも細い毛が生えるので、顔そりを行ってもらう場合があります。顔を剃るときはカミソリなどを使いますが、全身の脱毛を自分で行うときにはいくつかの道具を使います。カミソリ以外には、女性用のシェービング機器も使います。
使い方は、気になるところにカミソリやシェービングを当て、肌の上を滑らせるだけです。水などを使いながら行いますが、気を付けないといけません。一見毛だけが剃られているように見えますが、同時に皮膚の表面も削っています。時々赤くなったり、出血もします。赤くなっていなくても、肌にダメージを与えます。行う前は、刃の滑りをよくするクリームを使います。また、後にケアをするクリームも使いましょう。

長くもちそうだが問題も多い抜く方法

男性の罰ゲームなどでよくあるのが、すね毛などにガムテープを貼って剥がすゲームです。一気にはがすと沢山の毛が抜けます。それと同時に激痛も起こります。と言っても大事にはなりませんから、周りの人は楽しめます。女性にとってはそれを普通に見られる人もいます。その人もやっているからかもしれません。脱毛の自己処理方法にで、テープは一般的方法の一つです。
抜く方法はテープの他、毛抜きもあります。一本ずつか、一気にかの違いです。剃るときは肌の下に毛が残りますが、抜けば毛根から抜けるので長くもたせられます。しかし問題もあります。埋没毛が残ると、その部分が黒っぽくなります。無理に浮こうとすると、余計に肌を傷めるので厄介です。そのままにするしかありません。